クラス(中学)

中学生英語

広大附属福山、暁の星、福山市立、近大福山などの中高一貫生、近隣の公立中学生が通ってきています。

①2020年度入試に向けて4技能の対策を先取りしたい生徒

現在の中2生が大学入試を迎える2020年度入試から大学入試が大きく変わります。

センター試験は廃止。英語は「読む」「書く」「聞く」に「話す」を加えた4技能が問われ、しかも均等の得点配分となります。

今のところの発表では、英検、TOEFLiBT(R)、TEAP、GTECなどの外部試験が入試の合否判定に使われる見込みです。

それに備えて当塾の中学部では2つの方針で指導を行います。

1.早いうちから「話す」ことも意識した指導。

2.得意な生徒は学年に関係なくどんどん先取りで学習し、中学の間に得意な生徒は英検2級に合格することを目指す。

授業形態は、いわゆる板書授業ではなく「個別演習形式」です。

先生1人で最大8~9名くらいの生徒を指導します。各自のレベルに応じたテキストを進め、一定量やったら先生の机に持っていき指導を受けます。

得意な生徒はどんどん進めていくことができるし、つまずいたところはしっかりと説明を受けることができます。

板書授業のように「わかる箇所の説明まで聞かないといけないので時間のロスになる。」とか「質問しにくい。」ということがありません。

先生のところに行く時間は1対1の対面となりますので、音読をしてもらい発音をチェックしたり、学んだ内容について先生の英語の質問に答えたりします。

このやり方は先生1人が2~3人の生徒に対応する「個別指導」とは違いますので、勉強に対する意欲が極端にない生徒さんには向いていません。

体験授業を受け入ていただくことができます。

体験授業において勉強に対する意欲に欠けると思われる生徒さんには入塾をお断りさせていただきます。

入塾後も塾で勉強していく意欲の見られない生徒さんには早めに退塾をお勧めする場合があります。

②まずは学校の英語の成績からという中高一貫生

中高一貫校に通う中学生で、まずは学校の成績を上げたいという人。

学年ごとに受け入れることのできる人数に限りがありますので、お早めにお問い合わせください。

ダン先生のスピーキング講座

希望者はネイティブスピーカーによるスピーキング講座を受ける事が出来ます。

TOPへ戻る